切手の額面と切手買取り価格について

切手には1枚ずつ額面が記載されています。

切手買取りの場合、この額面を基本にして評価が行われるのが特徴で、最近の切手の場合であれば52円や82円と言った額面になっており、お店での買取り価格はこれらの金額の半額で買取りが行われるケースが多く在ります。

但し、お店により最近の切手の買取りはシートのみと言ったケースも在ります。

シートと言うのは、切手を切り離す前の状態のもので1枚のシートには52円切手が100枚、82円切手が100枚と言った具合に、まとまって印刷が行われているのが特徴です。

郵便局などではシートで印刷所から切手が入荷し、利用者が求める枚数をシートから切り離して販売を行っており、通常は必要枚数だけを購入しますが、切手収集を行う人の中にはシート単位で購入するケースも在ります。

また、郵便局で販売している切手には通常切手以外にも、発行枚数が決められて販売が行われている記念切手や特殊切手なども在りますが、記念切手や特殊切手などの場合は、1シートに収められている枚数が10枚や20枚と言ったケースが多く在り、通常切手同様にバラで購入する人もいればシート単位で収集目的で購入する人も少なく在りません。

また、切手買取りではシートの方が1枚当たりの単価が高く買取りされると言った特徴が在ります。

切手買取りは切手の額面を中心にして買取り価格が決められることが多く在りますが、古い時代の切手の中には1銭や10銭と言った額面の切手も在るため、全ての切手が額面を中心にして買取りの価格が決まるわけではありません。

また、切手はシートから切り離してしまうことで価値が下がることになるのが特徴で、最近の切手に多く見られる2連や4連と言った切手の場合は切り離すことで価値を下げてしまうなどの理由からも、売りたい切手はそのままの状態でお店に持ち込んだり、郵送などを利用してお店に発送する事が大切です。

尚、切手買取りの額面に関する詳細はこちらを参照して貰うと、切手を売る時に必要な知識を得る事が可能になります。

切手を買取ってくれるお店の中には中国切手などを対象にしている所が在ります。

最近は中国切手に人気が集まっており需要が高いなどの理由からも、高額査定が行われることも在ります。

中国の切手の額面は日本人にとってなじみが無いため、どのようなものが高く売れるのかが解り難いと言う特徴が在りますが、中国切手や日本の切手はインターネットを利用する事でおおよその買取り価格、そしてどのような切手が高く売れるのかと言った情報を集める事が出来ます。

切手買取の豆知識を覚えておこう

切手買取をしてもらうためにもまずは豆知識を覚えておくと良いでしょう。

豆知識といえば、切手には買取してもらえるものばかりではなく、買取してもらえないものもあります。

ですから買い取ってもらうためには「買取できる切手」を持ち込まなければいけません。

買取してもらえない切手は一部が破れたりして破損してしまっているもの、印刷してある部分がはがれるなどして額面を確認できないもの、汚れやシミがあるなど切手そのものの状態が悪い場合なども買い取ってもらえないことが多いです。

額面が10円未満であったり、50円未満のバラ切手はプレミアでもついていない限りは実用性が少なく、買い取ってもらえないことがあります。

そのため、郵便局でお金を払ってでも別の切手と交換しておくほうが良いでしょう。

そしてバラ切手の仕分けがその店の基準を満たしていない場合も買い取ってもらえないことがあります。

基準とは例えば台紙の様式や切手の枚数、切手の貼り方などです。

お店によっては買い取った状態のまま売り出すことがありますので、基準を満たしていないものは買い取らないのです。

そのお店の基準を事前に確認してから持ち込むのがベストだといえるでしょう。

切手買取の豆知識で知っておきたいものには切手買取してもらう時の相場です。

これは豆知識としてぜひ知っておきたい情報です。

切手にはいくつか種類があり、ハガキなどに貼る普通切手、キャラクターなど特別な絵柄などを印刷してある特殊切手、そして何かの記念の時に販売された記念切手です。

ではこの中で買取業者が最も高い査定額を出してくれるのはどの切手なのでしょうか。

実は意外にも普通切手なのです。

そしてシートかバラかによってもその価格は違ってきます。

つまり最も買取価格が高いものは普通切手のシートということになります。

シートかバラかによって、なんと買取価格は大きくて20%もの差があります。

普通切手のシートは購入者が買ってすぐに使えることから需要が高く、お店に置いてあっても買い手がたくさんいるのでそういうものを優先的に買取します。

バラ切手ばかりたくさん持っている場合には仕分けをして持ち込むようにすると少しでも高く価格をつけてもらうことができます。

切手の額面ごと、または種類ごとなどに分けて明細をきちんと書いておくことも大切です。

お店によっては仕分け方法を指定していることもあるので、売りたいお店がある場合は仕分け方法に決まりがあるかチェックしてみるといいです。

ネットを利用して切手買取りのお店を探す

インターネットを利用する事で様々な情報を入手する事が出来る利便性が在りますが、切手買取りを行っている専門店についてもインターネットを利用する事で調べる事が出来るようになっています。

但し、お店の中にはホームページを持たない所もあるため、全てのお店の情報を入手すると言うことは出来ませんが、口コミなどを利用する事でホームページが無い専門店を探すことも出来ると言うメリットがインターネットには在ります。

切手と言うのは収集を行う楽しみが在るコレクションの1つになりますが、切手ブームと呼ばれていた時代と比較すると、現代は切手収集を行う人は少なくなっています。

また、ブームの時代に切手の専門店を経営していた人は、高齢化が進んでおりパソコンなどのスキルを持たない鑑定士なども多数存在しており、お店のホームページが無いため、店舗情報をインターネットで集める事が出来ません。

しかし、口コミなどを利用する事でホームページが無いお店の情報を集める事が可能になります。

事前にお店の情報を集める事で、そのお店での買取りにはバラ品やシートなどに問わず買取りして貰えるのか、使用済み切手の買取りが可能なのかと言った事を知ることが出来ます。

切手買取りを利用してコレクションをしていた切手を売る場合、買取りを行う専門のお店を選ぶ事、そして切手にはプレミアが付いているものが在る為、コレクションしている切手の中に希少価値が高いものが含まれているか否かを確認しておくことが大切です。

ネットを利用する事で、プレミアが付いている切手にはどのような物が在るのかなど、詳細はこちらを参照する事で解ります。

また、切手買取りを行うお店には、幅広いジャンルの切手を買取りしている所と、特定の切手のみを買取りしているお店が在ります。

例えば、比較的新しい切手についてはシートのみを買取りし、バラ品は買取って貰えない所も在ります。

逆に、使用済みの切手についても条件付きで買取りが可能なお店もあるため、ネットを利用して専門店を比較しておくことも無駄足にならないコツにも繋がります。

切手の買取りが出来るからと言って、重量の在るストックブックを数冊持ち込んだけれども、シートになっていないものは買取りを断れてしまうと言う事も在ります。

また、古い時代の切手は美品のみを買取りすると言った場合など、ストックブックから取り出して持って行ったため、切手が折れてしまい、価値を下げてしまうなど、ネットを利用する事で事前に情報を入手し、高く売ることが出来るコツを掴む事も出来ます。

東京都内には切手買取店がたくさんあります

東京都内を中心として、日本全国で様々な品物の買取業者があります。

コレクションしている人も多く、簡単に捨てることができないものに切手があり、都内にも切手買取店はいくつか存在しています。

切手は興味を持っている人にとっては高い価値を持っていますので、額面どおりの価格だけではなく、記念切手などに関しては付加価値が付けられて高値で取引が行われています。

切手コレクションをして収集されているものであれば、高い価値を持っていることも十分に考えられますので、買取実績を豊富に持っている業者で査定を受けることが大切です。

同じ品物を買い取ってもらうのであれば、少しでも良い価格で売却したいと考えることが消費者心理と言えますので、高額買取を実施している業者であったり、スピーディーな対応をしてくれる業者を選ぶことがおすすめです。

買取業者に持ち込んだり、宅配などの方法で売却するときには、査定を受けてから何日も結果が出るまでに待たされる業者に売ることはおすすめできません。

信頼性の高い切手買取店であれば、経験豊富な鑑定士が所属していますので、専門的な知識を持っているために査定にかかる時間が短くなります。

そのために、査定に出してから結果が導きだされるまでに、あまり時間がかからない買取業者のほうがおすすめできます。

都内の買取店では、無料査定を行っているところがありますので、無駄な費用をかけることなく、売却できる価格の目安を知ることができます。

試しに無料査定を受けてみて、提示された価格が満足できるものでなければ、売却を止めることも可能です。

東京都内でも切手買取店はいくつもありますので、納得できる査定結果を出してくれる業者を探すことも、高額買取を実現するために良い方法と言えます。

使い道がない切手を保管したままにしているのであれば、切手買取店に持ち込んで売却したほうが現金に換えることができます。

買取店に売却できる価格としては、それぞれの種類ごとに目安となる相場がありますが、価格の決まり方はそれだけではなく、保管状態が良いかどうかによっても変わってきます。

切手の場合には、折れているものや汚れているものであれば、それだけで価値が下がります。

買取店によっては多少汚れていたり、折れている切手であっても取り扱っているところがありますが、あくまでも多少と言える範囲内でなければなりません。

買取店に売却したいと考えているときには、できるだけ綺麗な状態を保てるようにビニールに入れておくことや、専用のファイルに入れて保管することが大切です。

店舗に持ち込んでの切手買取りについて

切手買取りの方法と言うと店舗に持ち込んで買取り査定を受けると言う方法が一般的ですが、買取り店であればどこでも良いと言う事ではありません。

買取りをした切手と言うのはお店で販売が行われることも在れば、流通が行われて他のお店で販売が行われる事も在ります。

寧ろ、最近の買取り店と言うのは買取りした切手を流通させると言う方法で切手の買取りを行っている所が増えており、独自の販売ルートを持つ事が重要なポイントになって来ます。

金券などを取り扱うお店の中にはブランド品などの購入を行っているお店が在りますが、ブランド品と同じように流通可能な販路を持つお店を選ぶ事で幅広い切手の買取りが可能になると言う事です。

また、切手には価値と言うものが在りますが、比較的新しい切手と言うのは収集をする人が減少している事からも価値は薄れており、1枚当たりの買取り価格は切手の額面の半分程度と言うケースも少なく在りません。

しかし、切手の世界は奥深いもので、バラバラの状態の切手では額面の半額になるけれども、それがシートにまとまっている事で額面の2割などの金額に代わると言った特徴も在ります。

また、店舗により日本の切手以外にも外国の切手の買取り行っている所も在ります。

店舗に切手を持ち込んで切手買取りをする時、詳細はこちらを参照してください。

店舗での切手買取りと言うのは、その場で査定をして貰って、買取り額の提示をして貰えると言う利便性が在りますが、切手の数が膨大になっている場合では直ぐに金額を割り出すことは難しいものとなります。

しかも、切手をストックブックから取出してビニール袋などに入れた状態で持ち込むと、お店の人は切手を分類しながらの査定と言う事になるため、余計な時間がかかることになり、査定にも時間を要してしまいます。

また、切手は薄い紙に印刷が行われているものであり、折れ曲がりやすく、切れやすいなどの性質が在る為、収集をしていた時の状態で持ち込む事が大切です。

因みに、買取りを行っているお店の中には日本切手を初めとして中国切手や普通切手と呼ばれている通常切手、記念切手や特殊切手など幅広い切手の種類を買取りしてくれるお店が在りますし、比較的新しい切手などの場合、通常シートのみしか買取りしてくれないお店も在りますが、バラ品やシートなどに関係なく買取りの対象としているお店も在る為、事前にお店ではどのような切手を買取り対象にしているのかを調べてから店舗に行くのがお勧めです。

宅配を利用して切手買取りも可能です

子供の頃や学生時代に切手収集をしていた人も、いつの間にか切手に興味が無くなり、家の収納の奥にしまい込んだままと言うケースは多く在ります。

切手の価値は年々下がる傾向にあると聞いて、思い出したように切手を収納の奥から引っ張り出し、切手買取りに出そうと考える人も多いのではないでしょうか。

尚、切手の価値と言うのは全ての切手が下がると言う事ではなく、中には希少価値が高いものも多く在り、このような切手がコレクションの中に含まれている場合などでは、買取り総額が数十万円以上になる事も珍しく在りません。

勿論、コレクションしている状態にもよりますが、昭和30年代以前に発行された切手の多くは現存している数が少なくなっているなどの理由からも、保管状態次第では高額査定となるケースが多く在ります。

また、昭和30年以降に発行された切手の中にもプレミアが付いている記念切手や特殊切手、郵便局で何時でも購入可能な普通切手などにも高値が付けられているものが在ります。

尚、切手買取りを行うお店の中には宅配を利用して買取り査定を行っている所も在り、宅配を利用して切手をお店に送れば、査定完了後に金額の提示をして貰えますし、提示された金額で了承出来る時には指定口座に現金が振り込まれると言った便利なサービスです。

切手買取りを行う専門店の中には宅配で買取り査定を依頼出来る所が在ります。

お店に依頼をすることで、宅配キットと呼ばれているアイテムが送られてくるので、キットを利用して切手や身分証明証などの種類を梱包して送ることで数日後には査定額が提示されるので、査定額で良ければ指定口座に現金が振り込まれると言う流れになります。

しかし、切手の価値と言うのは額面を下回る事、額面の半額になる事、低迷しているなどと言われており、大量に切手が在っても大した額にならないのではないだろうかと疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、お店を選ぶ事で、切手を1枚ずつ評価してくれて、希少価値が高い切手が含まれている場合などでは高額となる事も珍しく在りません。

尚、詳細はこちらを参考にして貰えば高く売るコツを知ることが出来ます。

因みに、切手と言うのは紙素材である事からも、簡単に折れてしまったり、破れてしまう事も在ります。

そのため、切手の取扱いや保管については丁寧に行うことが大切であり、切手を売る時にはそのままの状態でお店に持ち込んだり、宅配を利用して送付する事が大切です。

切手収集をしていた時の状態でお店に持ち込む、若しくは送ると言う事が高く売るコツの一つであり、シートから数枚が切り取られているものなども、そのままの状態で査定を受ける事が大切です。

中国の切手買取は高額取り引きされやすい

中国の切手は切手収集家の間ではとても人気が高く、切手買取をしてもらう時も当然高額買取となりやすいです。

理由としては中国では現在、経済発展によって富裕層が増加しており、新たな趣味として切手収集をする人達が増えてきているからです。

中国では大文化改革といって切手収集はもちろん、古い切手の処分なども行われていた時代が1966年頃から1977年頃にかけてありました。

そのため、この時代の切手は日本へと流れてきたのです。

そういった理由からこの時代の切手は非常にレアで価値が高く、日本では高額買取されることがほとんどです。

状態が良いものであればプレミア価格で買取されることもあります。

それは中国の切手収集ブームを受けて中国のブローカーがわざわざ日本にまでプレミア切手を求めてやってくるからです。

切手買取は専門業者がいますので、それらのお店に持ち込んで買い取ってもらうのが良いでしょう。

他にも金券ショップやリサイクルショップなどで買い取ってもらうことはできますが、最も高額で買取しているお店はやはり正当な価値を見る専門業者です。

そのお店によっても切手の買取基準が違いますから事前に確認をしておいたほうが良いでしょう。

切手買取の専門業者の中には中国切手の専門店もあります。

とはいえ、どのお店でどれだけ買取価格を出してくれるのかというのは比較してから売ったほうが良いでしょう。

ちなみに現代、中国の切手で高価買取となってるのはやはりプレミア切手で、例えば赤一色を使っている中国全土の山河のものは未使用であればなんと5000万円にもなることがありますし、使用済みのものであってもその10分の1程度にはなりますので、切手のお金だと考えるとかなりの高額となります。

他に有名なものは1980年発行の赤い猿の切手ですが、この切手は特に猿の顔が金色をしている場合にかなり良い品物としてプレミア価格で買い取られます。

高いほうで15万円から20万円前後となります。

1973年発行のパンダの絵柄が6種類全てそろっていれば大体4000円から6000円ほどです。

このように同じ切手であっても極上品であるかどうか、使用済みのものであるかどうかなどによっても金額は変わってくるのです。

何百万円、何千万円までする切手はなかなか持ち合わせていることはありませんが、それでも切手の元々の金額を考えればかなりの高額買取といえます。

詳細はこちらをごらんください。

まずは無料査定から始めよう

着物買取を行ってくれる場所を探している、という人は多いのではないでしょうか?
東京都内ならそういったお店も比較的多いものの、困ってしまうのは地方の人かと思います。

大手のリサイクルショップなどであれば地方にも手を伸ばしていますが、こういった雑多なものを扱っているリサイクルショップというのは買取額がかなり安い事が多いというのが懸念事項です。さらに、査定に出すとそれだけで売らなければならない空気になってしまうことも多く、査定料が掛かることも有るでしょう。http://www.speed-kaitori.jp/kaitori_kimono.htmlそこでここでは、着物買取を無料査定から行なうことか出来るサービスを行っているサイトであるスピード買取.jpwww.speed-kaitori.jpについて紹介します。

こちらのお店は着物を始めとして、なかなか買い取り手のないような商品の買取をしっかり行ってくれています。そのため、手元に眠っているものの、使う機会がないものをしっかりと買い取ってもらえるため、お金に困った時、あるいはどうしても邪魔になってしまった時に利用することが出来るでしょう。

着物買取はなんといっても無料査定から行なうことが出来るというのが強みです。まずは無料査定に出して見て、価格が気に入らなければ売却をやめても良いわけです。

Contributors